特集・読みもの

2020/08/06 10:45

■組み立て方法


1.ベースパネルを合体させる




背面ベースパネルのネジ頭がある面が表側になるように、下部の突起を床面ベースパネルの穴にゆっくり差し込んで合体させます。
※使い始めは差込みが固い場合があります。数回ご使用すると差込みやすくなります。
※ベースパネルの製作はレーザー加工にて1品ずつ丁寧に切り抜いております。
 パネルの周囲・差し込み口周辺・金具周辺に熱加工跡がありますが、製品上問題ございません。



2.デザインシートの設置




デザインシート裏面には設置方向が記載されています。
設置方向に合わせて、背面・床面それぞれにデザインシートをセットします。
背面デザインシートの四隅は付属の磁石で固定します。

背面と床面の隙間が空かないようにシートを設置するのがポイント!



背面ベースパネルのネジ頭が出ているところに、付属の磁石がピタッとつきます。
小さな磁石ですが、しっかりと固定してくれます。



3.撮影したいモチーフをレイアウト




デザインシートを設置したら、撮影したい写真をイメージしながらモチーフをレイアウトしていきます。
時々撮影画面を見ながら、背景とマッチする位置を確認しましょう。



キレイに撮影するコツ




正面から、四隅のマグネットが入らないように撮影エリアを意識すると綺麗に撮影できます。
スマホは縦向き、スクエア撮影なら、画面に収まりやすいのでおすすめです。


■小物を使うと演出の幅が広がります
お花などの撮影小物を使って、さらに魅力的な写真を撮影することができます。
あなたのアイデア次第で様々な演出をお楽しみください!

例えばこんな演出アイデア
・部屋を暗くしてカラー照明を当てて、被写体の迫力を演出する。
・お気に入りのカメラアプリを使って、撮影後に写真の色調整をする。etc...

■光の当たり方を調整しましょう
テーブルフォトブースは持ち運びができますので、直射日光の当たらない場所や、強い光、周囲の影などの影響が出ない場所での撮影をおすすめします。
直射日光や周囲の影でデザインが分かりずらくなったり、真上からの光で床面が照らされて色飛びや反射が起きたりすることがあります。



4.片付け・保管




ご使用後は背面・床面ベースパネルを分解すれば、置き場所を取らずに保管できます。
デザインシートは折り曲げに注意して保管していただくと、シワを防いで繰り返しお使いいただけます。
マグネットは紛失しないように袋に入れて保存してください。
※ベースパネルは高所に保管しないでください。落下の際に怪我・破損の原因となります。



■仕様



A3サイズ ベースパネル(背面・床面ベースパネル 1セット2枚)
組み立て時サイズ:W426×H305×D320mm
背面ベースパネルサイズ:W426×H305×D6mm
床面ベースパネルサイズ:W426×H6×D320mm

デザインシートサイズ 背面・床面デザインシート共通 (別売)
W420×H297×0.5mm A3光沢紙/両面印刷/両面マットラミネート加工



■ネオジウム磁石 取扱注意事項



・心臓ペースメーカーなどの体内植込型医療用電子機器を装着している方は使用しないでください。
・磁石を誤って飲み込むと、生命に関わる事故につながる可能性があります。飲み込んだ場合は直ぐに医師の診断を受け、指示に従ってください。
・小児及び監督を必要とする方が、磁石を手に取り誤って飲み込む恐れがあるので、小児及び監督を必要とする方の手の届かない場所に保管してください。
・磁石同士、または他の物に吸着した場合、磁石本体が欠けたり、表面が剥がれたりする場合がございます。怪我の原因となりますので欠けたまま使用しないでください。
・磁石をブラウン管・携帯電話・アナログ時計・フロッピーディスク・磁気カード・磁気テープに近づけないでください。記憶内容が破壊される危険があります。
・ネオジウム磁石は錆びやすい素材です。水をかけたり、湿気の多い場所では使用しないでください。身に着ける等もしないでください。
・磁石同士または金属と吸着する際に、指や皮膚をはさみ怪我する恐れがあります。吸着した磁石は図のように横にスライドしながら取り外してください。




■お問い合わせ先


株式会社P.I.
〒534-0027 大阪府大阪市都島区中野町4-7-12
TEL : 06-6948-6943
FAX : 06-6948-6942
e.mail : tpb@pi-1.co.jp
www.tablephoto.biz
(営業時間 : 平日10:00〜17:30)


ブログトップへ
Copyright © TABLE PHOTO BOOTH. All Rights Reserved.